●アトリエだより●

******************************
こちらは2024年のアトリエだよりです。
いままでのアトリエだよりはこのページの最下部へ
******************************
【男梅雨】  2024.6.21
今日は夏至ですね。
太陽の力が最も強いとされる本日、関東地方はだいぶ遅めの梅雨入りとなりました。
当アトリエでは毎年庭のスモモの実の赤さを夏の到来の指標にしているのですが、
今年の色づきはかなりはやく、梅雨をスキップして夏が始まったのかも?
・・そんなふうに思い始めていたところでした。

ところで。
みなさま「男梅雨」という言葉をご存じでしょうか。
降るときにはザーっと降り、そしてサっとあがる。そんな雨の降り方をするのが男梅雨で、
それに対し、しとしとと静かに長く降り続くのが「女梅雨」なのだとか。
「今年は男梅雨かもね〜」と覚えた言葉をすぐ使ってみたがる私です(笑)

どちらの梅雨にしても雨の災害がないことを願いつつ、
今月のTOP、タイトルは『ホタルコラボ』。
ホタルブクロという花には雨が似合いますね。庭でパチリ。

【こどもの日】  2024.5.5
GWも残すところあと一日。
お天気に恵まれた今年の連休、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

当方はサイズアップした庭木の剪定に励んでいたのですが
ニュースで『各地の強烈な混雑』を目にしすぎたためか、
どこにもお出かけしなかったのになんとなく気持ちが旅疲れ。
うーん、不思議(笑)

さて、唐突ですが今月のTOP、タイトルは『マイゴニキヲツケテ』。
4人兄弟のようですね。全員迷子になりませんように♪
【花霞】  2024.4.7
この頃雨が多いですね。
『春に三日の晴れはなし』とはよく言ったもので、
知らぬ間に濡れた庭木の葉から、通り雨を知ったりもして。

ところで。
先週は入学式と思しき光景を幾度となく雨日に見かけました。
新しいスターに桜からのエール、雨の中の花ふぶき。
それはそれはとてもきれいで特別なシーンでした。

さて、今月のTOP、タイトルは『花霞』。
この春から何かが始まる(何かを始める)みなさまへ、
僭越ながらフレーフレー!
【余寒お見舞い申し上げます】  2024.2.28
暦上の春を迎えたとたん慣れぬ降雪。
久しぶりの雪かきを終えるとすぐに春一番が吹き、
それならばと冬物をしまい始めたらここ数日の底冷え。

なにやらジェットコースターのようなアップダウン気温のこの頃、
みなさま、余寒お見舞い申し上げます。

昔から「2月は逃げる」と言いますが、明後日はもう3月。
はやいですねー。
おひなさまたちも昨今の気候にはびっくりしているのでは。

穏やかで暖かく、風の強くない&花粉が飛ばない(笑)
うららかな3月になりますように☆

今月のTOP、タイトルは『春のヨカン』。でした。
【明日から2月】  2024.1.31
**************************************************************
能登半島地震により被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げるとともに
亡くなられた方やそのご家族の皆様へお悔やみを申し上げます
**************************************************************


震災や事故に火災等、胸が痛むニュースがいくつも聞こえてきた一か月。
新年のお祝いを口にすることをためらっているうちに、とうとう1月も最終日となりました。

遅くなりましたが今月のTOP、タイトルは『ひとふりふたふり』。
みなさまの今年が安全で佳きものでありますように・・
そんな願いを込めて。
******************************
2023年のアトリエだよりはこちら。2022年のアトリエだよりはこちら
2021年のアトリエだよりはこちら。2020年のアトリエだよりはこちら
2019年のアトリエだよりはこちら。2018年のアトリエだよりはこちら
2017年のアトリエだよりはこちら。2016年のアトリエだよりはこちら
2015年のアトリエだよりはこちら。2014年のアトリエだよりはこちら
2013年のアトリエだよりはこちら。2012年のアトリエだよりはこちら
2011年のアトリエだよりはこちら。2010年のアトリエだよりはこちら
2009年のアトリエだよりはこちら。2008年のアトリエだよりはこちら
2007年のアトリエだよりはこちら。2006年のアトリエだよりはこちら
(2005年以前のアトリエだより(ひとりごと)は省略しました。)
******************************
0

山田衣織のホームページ
(C) Iori Yamada
inserted by FC2 system